お笑い浸けの日々。
次長課長、麒麟、チュートリアルが好きな(でも基本お笑い好き)高3のブログ。ポルノグラフィティ、ORANGE RANGE、スキマスイッチも好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

スイッチを押すとき

スイッチを押すとき (角川文庫)スイッチを押すとき (角川文庫)
(2008/10/25)
山田 悠介

商品詳細を見る

読み終わりました。




内容は、主人公・南洋平は
青少年自殺抑制プロジェクトセンター(通称YSC)に勤務している。
ここでは少年少女に自分の命を断つ赤いスイッチを持たせ実験をしていた。
普通ならば極限状態の中軟禁され孤独になりスイッチを押すのだが、
YSC横浜センターの4人の少年少女は
7年もスイッチを押さない異例の子供達であった。
彼らが生きたいと願う理由を聞き、洋平たちは脱出を計った…という話でした。


この話には終盤にどんでん返しと衝撃の事実があります。
「まさかこんな展開になるとはな~…」と思いました。


やっぱり命について考えてしまいますね~…
テレビないわPCないわ携帯ないわの生活ですからね。
地獄やな、これは。
しかも同じ景色しか見られへんわけやし、ずっと同じ日々の繰り返しなわけで。
生きるのに疲れたから押す、っていうのも分かります。
ウチも上記の様な生活しとったら絶対押すと思います。
ほとんどがテレビ中心の生活してるんでかなり早い段階で押しますね。
この施設に入れられた時点でもう自由な生活が出来ひんくなる、
ということもスイッチを押す理由なんかもしれませんね。
家族に会えへんくなりますし(手紙も一切ダメ)。
でも、こういう中で新庄(少年)・小暮(少年)・池田(少年)・高宮(少女)
の4人は凄いと思いますね。
周りが次々と命を断つ中でこの4人だけは
スイッチを押さずに7年も生きつづけてますから。
スイッチを押さんことで国にはむかってきた4人は偉いですよね。
この4人はウチと同じくらいの年なんですが、凄く尊敬出来る4人です。




次は乙一さんの「ZOO1」を読みたいと思います。
スポンサーサイト
【2009/02/02 21:51】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<低音ボイスのあの人。 | ホーム | 33歳には見えん。>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ブログ内検索

つなビィ

ミニ本棚

LIVE STAND08

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

グリムス

FC2バナー

良ければポチッと押したって下さい。

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

劉

Author:劉
次長課長、麒麟、チュートリアルが好きな高3のブログです。
最近はNON STYLEとハイキングウォーキングに夢中。。
ですが、基本的には芸人さんみんな好きです。



アーティスト…ポルノグラフィティ、ORANGE RANGE、スキマスイッチ。

アニメ…ワンピース、スラムダンク、ドラゴンボール。

作家さん…山田悠介さん、乙一さん、伊坂幸太郎さん。


気軽にコメントしたって下さい。
コメ返しはコメント欄にさしていただきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

キングオブコント2008ブログパーツ

メロメロパーク

ブログペット

KiTT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。